任意整理後クレジットカード は作れるの?審査は?信用情報は?

任意整理後クレジットカード は作れるの?審査は?信用情報は?

通信販売を利用する時や、手元にお金がない時にも買い物が出来るクレジットカードは、とても便利なものです。
これがないと購入できない通信販売のお店もありますから、ぜひ持っておきたいところですね。
では、任意整理をした後でもクレジットカードは作れるのでしょうか。

 

クレジットカードの審査も借入とほぼ同じ

クレジットカードを申し込んだ際にも、審査が行われます。
渡すものが現金か商品かの違いだけで、後でお金を返してもらうことに変わりはないからです。
そのため、クレジットカードを作る際にも審査が行われるのです。
その時に審査の対象になる項目も、新たな借り入れを行うのと同じように、本人の勤務先や収入、そして個人信用情報などが対象になります。
クレジットカード会社も信用情報機関に加盟していますから、任意整理を行ったという情報はクレジットカード会社にも知られてしまう事になり、審査を通る事は難しくなってしまうのです。

 

信用情報が消えるまでの期間

任意整理をしたという情報は、信用情報機関というところに登録されます。
信用情報機関にはCIC、JICC、全銀協の三つがあり、クレジットカード会社の多くはCICに加盟して、その情報を照会しているのです。
CICでは、任意整理の情報については5年間保有する事になっています。
ですから、任意整理完済後5年が経過すれば、新しいクレジットカードを作る事は可能になるでしょう。
ただし、これも任意整理をした金融機関やそのグループ会社では独自の情報を持っていますから、新しいクレジットカードを作る事はほとんど不可能と言えます。

 

クレジットカード会社選びは慎重に

クレジットカードを作る際にも、審査の甘いところや厳しいところがあります。
そして、信用情報機関には、クレジットカードに申し込んだという情報も記載されるのです。
クレジットカードを申し込んで断られた、という情報があると、この人には問題があるのではないかと思われて、他社の審査も厳しくなることがあります。
ですから、新しいクレジットカードを作る時には、審査の甘い会社を選ぶ事も大切なのです。