任意整理後に住宅ローンが通った!どうしたら審査に通るの?保証人はどうなるの?

任意整理後に住宅ローンが通った!どうしたら審査に通るの?保証人はどうなるの?

任意整理をすると、俗に言うブラックリストに情報が記載されてしまいます。
こうなると、新しい借金やクレジットカードの審査に通りにくくなってしまいますが、住宅ローンではどうなのでしょうか。

 

任意整理しても住宅ローンは通る?

住宅ローンの審査では、申し込んだ人の年収、勤務先、そして、本人の信用情報などが考慮されて通るかどうかが決まります。
そのため、任意整理をしたという信用情報が残っている間は、住宅ローンの審査に通るのは難しいでしょう。
まれに、公務員など収入が安定していて信用のおける職業の人は任意整理後でも住宅ローンの審査に通ることもありますが、任意整理をすると簡単には住宅ローンの審査には通らないと思っておいた方がいいでしょう。

 

任意整理後に住宅ローンを組むには?

それでは、任意整理をしてしまったらもう一生住宅ローンを組むことが出来ないのでしょうか。
そのような事はありません。
信用情報は、5年ほど経過すれば消えますからその期間が経過した後なら住宅ローンを組むことも可能になります。
信用情報は、信用情報機関に照会して取り寄せることが出来ますから、気になる人は確認するといいでしょう。
ただ、任意整理をした金融機関やそのグループに属する金融機関に申し込んでも、まず審査には通りません。
金融機関独自の情報として、その人が任意整理をしたという情報が残っているからです。

 

保証人の扱いはどうなるの?

住宅ローンを組む際は、保証人がいなくても組むことが出来ます。
ですが、任意整理をしてから5年経過する前の場合、保証人を付けると審査を通ることもまれにあります。
任意整理をした人の勤務先の評価が高く貯蓄もしっかりしていて、さらに保証人の評価が高ければ、任意整理後5年が経過していなくても住宅ローンの審査に通ったという例があるのです。
個人民事再生や自己破産などでは借金の元本を大きく減額したり、無しにしたりしているのでこのような事はほとんどありませんが、任意整理で完済している場合は、このような事も起こり得るのです。