任意整理後に借り入れは出来るの?〜闇金に注意〜

任意整理後に借り入れは出来るの?〜闇金に注意〜

借金の返済が苦しくなって任意整理をしてしまった後に、思わぬ事故や病気などでどうしてもお金が必要になることもあるでしょう。
そのような時は、どうすればいいのでしょうか。
任意整理後の借り入れは出来るのでしょうか。

 

任意整理は事故情報として記録される

任意整理は、本来支払うべき利息を少なくしてもらったり、元本を減らしてもらったりして返済をしていくというものです。
そのような事をした場合、信用情報機関というところにその情報が記載されてしまいます。
この人はきちんと返済が出来なかったという情報が残ってしまうのです。
そのため、その情報が残っている間は借入をする事は難しいでしょう。
貸金業者も損をしたくはないからです。ですが、この情報は5〜10年ほどで消えます。
どれぐらいの期間で消えるのかは、信用情報機関によって異なりますが、そこから情報が消えれば、新しく借り入れをする事は可能になります。
信用情報機関に請求することで自分の信用情報を見ることが出来ますから、確認してみるといいでしょう。
ただし、任意整理をした貸金業者やそのグループの金融機関では、独自に情報を保管していますから、新しく借り入れをする事はまず無理だと思っておいてください。

 

最近では貸してくれるところもある

平成18年の最高裁判所の判決によって、利息制限法を超える部分の利息については払わなくてもいいという事になり、貸金業者は過払い金の返還を行わなくてはいけなくなりました。
そのため、業績が悪化する貸金業者が続出したのです。
そういった事を背景に、最近では任意整理後、5年経過していなくてもお金を貸してくれるところも増えてきています。
任意整理をしたから無条件に借り入れを断られる、という事ではないのです。

 

闇金に注意!

任意整理後の借入時に注意してほしいのが、闇金の存在です。
お金に困っているならどんな条件でも借りるだろうと、法外な利息でお金を貸し、違法な取り立てをする業者もいるのです。
お金に困っているからといって、簡単に貸してくれるところから安易に借りる事のないように注意しましょう。